[マニュアル]ホイールスタンドプロRGSアップグレードキットをスタンド本体へ取り付けるには | クロワッサン・ソリューション

2018/07/12 07:31

1.スタンド本体への RGS キットの取り付け

* なおRGS キットは左右どちらにも取り付けることができます。
❶ RGS キットを取り付ける側のペダルポール滑り止めを外します。回して取ることも、カッターで切り取ることもできます。取り外した部分は汚れなどをふき取ってください。
❷ RGS キットをスタンド本体に接続する前に、スタンド本体のポールへ、付属のゴム材を配置します。
❸ RGS キットを接続し、キットの方向が、スタンド本体に対して適切に位置づくよう、 クイックリリースレバーで固定します。このとき、クイックリリースレバーのナットを固定しながら、さらに強力に固定できます。


2.RGS キットへのシフターの取り付け

 [Driving Force シフターの取り付け]
❶シフター本体の裏面にネジで取り付けられているシフター固定器具を、ドライバーで取り外します。
❷RGS キットに付属しているボルト2本によって、本体とシフターを固定します。シフタープレートの外側の2つの穴を使用します。その後、シフタープレートが完全に固定するよう、シフタープレートを固定しているナットをさらに強力に固定します。その他の固定用ナットも含め、安定するよう固定してください。

[TH8A シフターの取り付け]
RGS キットに付属しているボルト2本によって、本体とシフターを固定します。シフタープレートの内側の2つの穴を使用します。これに対し、TH8A 本体 の穴は、適合するものがいくつかありますが、お好みでどれを使っても構いません。その後、シフタープレートが完全に固定するよう、シフタープレートを固定しているナットをさらに強力に固定します。その他の固定用ナットも含め、安定するよう固定してください。